2009年12月27日

花のように儚くて色あせていく。の巻き

それは真夜中。
わっちさんのメールで知ることになる。

フジファブリック フロントマン ボーカル&ギター。
鍵盤バンドにこだわった男。

あの奥田民生に「今の若者たちは幸せだよ。フジファブリックがいるんだから。コピーするなら、フジファブリックをするといい」とまで言わせた男。

志村正彦 2009年 12月24日 病名不詳にて永眠。


29歳ってさ。

信じることは、みなさまと同じく出来ません。
去年熊本来たときに、また来るって言ってくれて。
でも今年は来てない。
会ってない。

だから約束を果たしに、次のツアーで来るんでしょ?
また、あの虹を感じる、昭和ロックと暖かい衝動で会場を包みに。

志村君、ズルイよ。
まだ足りないよ。
もっとライヴで虹を見せてよ。

こないだ出たビートルズのトリュビュートアルバムで「I WANT YOU」をカバーした時のスペシャの特番で「俺たちが鍵盤バンドであり、その何たるかと意地を込めてカバーさせてもらいました」って。

それを今からもっと表現できるって。

そういい残して去るなんて。



現実はとても残酷で、輝いている。

部屋の窓越しに迷う花のようだ。




志村君、いろんな衝動で包んでくれてありがとう。
君の音楽は、俺が笑ってるときも、失恋して泣いた夜も、仲間を想う大切さに気づいた夜も。

流れていました。


安らかに、でも志村君らしいのらりくらりとした表情で
お眠りください。

今日も君の音楽とともに。


今日の一曲 「花」(フジファブリック)
posted by ししまる at 18:10| Comment(6) | TrackBack(0) | 銀杏な音楽life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日さー、家に帰ってテレビつけたら歌ってたの。
志村くん歌ってんの!
アタシなんとライブ映像も見るの初めてでさ!
こんな風に歌う人なんだなーて知った。
もういないなんて、不思議。
Posted by わっち at 2009年12月28日 17:23
http://m.ameba.jp:80/m/blogTop.do?unm=e-ryon2&guid=O


これ、りょんりょん先生の日記
いろんな人のボイトレの先生

志村くんも習ってたんて

ここ読んだら悲しくなるけど、よかったって安心できるよ

あとメレンゲのクボさんの日記
おんなじマンションの階違いに住むぐらいの大親友やった人の日記
泣けるけど志村くんの人柄がよーわかる

うち、正直フジファブはFAB FOXぐらいしかちゃんと知らんけどやっぱショックやった

調べれば調べるほど現実なんやってわかって泣いた

昨日のCDJで民生さんが泣きながら歌った「茜色の夕日」
あるイベントで「亡くなった友達に捧げます」てゆーて弾き語りで歌った岸田くんの「ロックンロール」に、CDJ(かな?)で泣きながら歌った「ばらの花」
CDJでトライセラの和田さんがシムシムにって歌った「陽炎」
DJブースでダイノジが流した「銀河」

これね、全部ファンがカキコミしてくれてたん
だからうちも知ることができた

全部の場所でいろんな人が悲しくて悲しくて泣きながら志村くんの事思いながら見てたんし歌ってたんやよ

愛されてるよね、シムシム


こんなんいうのは不謹慎やろうけど、自殺やなくてほんまによかった


いろんな人(アーティスト)の日記見たら泣けてきて仕方ないけど、やっと受け入れてきたよ

今からはちゃんとフジファブ聴こうと思う

やっぱりこうやって失ってから気づくんやよね
人間て

アホな生きもんやな
Posted by にゃん at 2009年12月29日 09:17
こんなにイロのないクリスマスは初めてでした。
ニュースを聞いて目の前が無彩色に感じました。

ネコみたいに
のらりとしてるのに
急に懐いてきて
なんだコイツ、って思うのに
目が離せない存在。

これまで場面場面で私の生活にイロをくれたフジ。

にゃんさんと同じく
りょんりょん先生のブログみて
安心しました。
もしかして・・って思ってしまってたから。
ほんとに良かった。

だんだん、じわじわとでも
イロ取り戻していかなきゃ。
Posted by りね at 2009年12月29日 12:45
わっちさんこんばんわ。

なんか歌う姿とか声とかは作品として永遠に残っていくだけに・・・

確かに不思議ですよね。

志村君のライヴの作り方好きだったなぁ・・・

Posted by ししまる at 2009年12月31日 21:20
にゃんさん、こんばんわ。
いろんな事教えていただあてありがとさまですm(__)m
志村君が音楽家であるまえに一人の人間として、いかに愛されてたのかって痛いほど伝わりました。

フィッシュマンズもそうだったけど、フジファブも作品だけでなく存在が感じられる音でこれからもいて欲しいです。

今からまたフジファブのいろんな作品においらも触れ続けていきたいと思ってるんで、今からにゃんさんが聞いてなかった作品に触れていく事自体が志村君が嬉しい事なんじゃないかなって思いますよ(^ー^)

Posted by ししまる at 2009年12月31日 21:36
りねさん、こんばんわ。

確かにクリスマスの周りの華やかな時間が、この話を聞いた時に止まりました。

確かにいろんな瞬間に流れてたフジファブの音って色を見せてくれてたんですよね、きっと。

だからおいらも虹を感じて、りねさんも色がなくなった感覚になったのかもですね。

今から少しづつ現実を受け入れながら、いろんなシュチュエーションでフジファブの音に触れてまた虹を見せて欲しいなって思います。


そして意識してないところで志村君を感じていたいですね。

Posted by ししまる at 2009年12月31日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。